女優

吉川愛の引退理由は?演技力は?性格について

かわいくて実力派の子役としてのイメージが強い吉川愛さん。

子役時代の名前は「吉川里琴」ちゃん)ですので、
今は改名して「吉川愛」となりました。

最近の話では、天海祐希さん主演の人気ドラマ『緊急取調室(3rd SEASON)』
第一話目の冒頭で取り調べされる生意気な女性被疑者役として
キレッキレのかっこいい演技をされていましたね。

子役時代も代表作が多く、
メイちゃんの執事の「麻々原みるく」(2009年、当時10歳)
リーガル・ハイ 第8話の「安永メイ」(2012年、当時13歳))
夜光観覧車の「村田志保」(2013年、当時14歳)
などと聞いて「あ!あの子がそうだったのか!」と
思う人も少なくないかもしれません。

そんな風に、子役として活躍し、引退を経て、再度芸能界入りし、
ますます躍進中の吉川愛さん。

今回は、そんな吉川愛さんのことを探っていきましょう。

[スポンサーリンク]



吉川愛の引退理由は?


吉川愛さんは3歳から子役として活動していました。

当時の芸名は、吉川里琴という名前でした。

その後、2016年に一度引退しています。

当時は高校生で、引退の理由は「学業に専念する」ということでした。

当時の所属事務所は「ムーン・ザ・チャイルド」という事務所でした。

子役専門の事務所かな?と思ってホームページを覗いてみると、
テリー伊藤さんと業務提携していたり、子役らしい子役の所属タレントが
見当たりませんので、子役だった吉川愛さん(当時の芸名・吉川里琴さん)は
事務所内では珍しい存在だったと思われます。

そんな吉川愛さんが、子役時代の事務所を引退し、一般人に戻るのですが、
一年の期間を経て、大手事務所の研音へ入り、芸能活動を再開したのです。

他に、かつて子役で活躍された方々で移籍された方々の例は多く、
例えばEテレの大人気番組だった『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』の
まいんちゃんだった福原遥さんなども、子役時代は子役の事務所として多くの
子役たちを世に送り出したNEWSエンターテインメント所属でしたが、
『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』終了後、研音へ移籍しています。

『いないいないばあっ!』で歌のお姉さんをしていた、
ことちゃんこと空閑琴美さんも、『いないいないばあっ!』終了後、
セントラル子供タレントからニチエンプロダクションへ移籍しています。

このように、子役だったタレントさんが自分の可能性をもっと引き伸ばしたいときに、
子役として契約していた事務所から、一般的な芸能事務所へ移籍する
パターンは多いですので、吉川愛さんも「学業に専念」とは大々的に言われていますが、
もしかしたらそんなことも理由の一つとしてあったのかもしれません。

ただし吉川愛さんの場合は、研音に移籍するときに、一旦「引退」という形をとって、
一年後に「研音からスカウトされて」という形で再芸能界デビューをしています。

芸名は「吉川里琴」から「吉川愛」に変えています。

【事務所を辞めて】→【芸名を変える】
このパターン、どこかで見たことがありませんか?

あの大人気だった女優、能年玲奈さんと同じパターンですよね。

能年玲奈さの場合は、個人事務所を設立するといったところ、
元所属のレプロエンタテインメントから芸名使用禁止のお達しが出ました。

かのSMAPもジャニーズ事務所を辞めたら「SMAP」の名前が使えないようですし、
芸能界って色々と制約が厳しそうですね。

[スポンサーリンク]



吉川愛の演技力は?


最近でいうと、『虹色デイズ』のヒロイン・杏奈としての演技が
胸キュンキュンだと話題の吉川愛さんですが、等身大の高校生を演じる
彼女の姿が自然でイイ!と評判になっています。

インタビュー記事の中で「杏奈と(佐野玲於演じる)なっちゃんの恋愛が、
可愛い~、初々しい~”ってキュンキュンしちゃいました。

自分が出ているのに(笑)」と吉川愛さんご本人がおっしゃっていました。

幼いころから子役として忙しく過ごしてきたものの、高校時代に一度引退し、
その引退していた1年間の間は、一般人として普通に学校生活を送ったり、
パン屋さんでバイトしたりして極々一般的な高校生としての「青春」した
生活を送り、その中で、感性や、自然な演技力が磨かれたのではないでしょうか。

子役時代に演技の勉強はいっぱいしたのでしょうが、1年間の引退を経て、
大人の女優としても通用する演技力をさらに身に着けたようですね。

[スポンサーリンク]



吉川愛の性格について


小さいころから子役として活躍していた吉川愛さん。

子役って結構強いマインドの持ち主かと思われがちですが、
吉川愛さんの場合はどうでしょう。

「オーディションに200回落ちた」という話がありますが、
やはりそれでも子役の道に徹していたのは相当強い
マインドの持ち主だったと思われます。

また、小さいころから子役として24時間「役者」としての訓練を
してきた吉川愛さんは、「人間観察がすごく好きなので、電車の中や、
ごはんの時などに、よく観察しています。」

「日焼けしちゃいけなかったので、小さい頃から屋外プールで泳いだ
ことがなかったんです。虫刺されとかにもすごく気を遣っていましたし。」と
とてもストイックな日々を過ごされてきて、いまだにそんな感じの
ストイックさを感じさせる毎日を送っているようです。

自分に厳しい、というような感じはしますね。

以上のように、吉川愛さんは、子役時代から活躍し、
今は大人の女優に成長し、ますますこれからが楽しみな存在なのでした。

[スポンサーリンク]