俳優

沢村一樹がかっこよすぎ?高校時代は?家族構成について

今回は、俳優の沢村一樹(さわむら いっき)さんです。本名は野村耕蔵です。

沢村一樹さんは、1967年7月10日生まれで、鹿児島市出身です。

沢村一樹さんは、20歳の時に、芸能界を目指して、
19万円を持って上京しました。

モデル事務所に入って、25歳で「MEN’S CLUB」の専属モデルになりました。

1995年に日本テレビ系ドラマ「松田のドラマ」で俳優デビューしました。

2000年9月から、TBS系サスペンスドラマ「浅見光彦シリーズ」で、
浅見光彦役を演じて、ブレークしました。

2012年まで18作品の同シリーズに出演しました。

2009年には、同シリーズの連続ドラマでも主演しています。

2000年に32歳で、5歳年下のモデルの余西操と結婚しました。

余西操は、1972年11月2日生まれで、富山県出身の
ファッションモデルです。

余西操は、「STIRY」や「non-no」などのモデルをしていました。

沢村一樹さんと余西操さんは、1996年にボーリング大会で
出会って交際をはじめました。

沢村一樹さん夫婦には、2000年、2004年、2010年に生まれた、
3人の男児がいます。

[スポンサーリンク]



沢村一樹がかっこよすぎ?


沢村一樹さんは、40歳の頃から、バラエティで下ネタを披露するようになり、
エロ男爵と呼ばれて人気がでました。

俳優として、演技力があり、現場を仕切る力も持ちながら、
バラエティで下ネタを披露するのが、ギャップになり、かっこよすぎ?

と高い評価を受けています。

沢村一樹さんは、若い頃から、身長が高くスタイル抜群であったために、
ファッションモデルとしても評価され、
「MEN’S CLUB」の専属モデルになっています。

沢村一樹さんの身長は、184cmと公表されています。

[スポンサーリンク]



沢村一樹の高校時代は?


沢村一樹さんは、鹿児島県立松陽高等学校を卒業しています。

沢村一樹さんは、運動神経が良かったのと高身長を活かして、
高校時代には、バレーボール部のアタッカーとして活躍しています。

バレーボールでは、県選抜チームに選ばれるほどの実力を持っていました。

バレーボールの実業団チームからの勧誘も受けたそうです。

沢村一樹さんは、小学校の時に、母親から芸能界に進むように言われ、
芸能界を目指していたので、バレーボールの道には、進みませんでした。

高校時代から映画が好きで、ブルースリーやショーンコネリー、
石立鉄男や西田敏行などが好きだったそうです。

沢村一樹さんの両親は、父親が借金を作って、
沢村一樹さんが12歳の時に蒸発します。

その後は、母親が、昼は化粧品販売、夜はスナックの仕事をして、
借金を返しながら、女手ひとつで、沢村一樹さんと妹の2人を育てました。

高校生当時の沢村一樹さんを知っている友人が、「家に遊びに行くと、
お母さんは昼間も家におらず、カップラーメンが山のようにあった」と
言っています。

高校時代は、沢村一樹さんは、昼間は、妹とラーメンを
食べて暮らしていたようです。

夕食は、定食屋から出前を取って食べていたと言っています。

ラーメンで、沢村一樹さんのような高身長で、
かっこよくなったのには感心させられます。

[スポンサーリンク]



沢村一樹の家族構成について


沢村一樹さんは、鹿児島市生まれの背が高くルックスの良い父親と
種子島出身の母親のあいだに生まれました。

家族は、4歳年下の妹の野村真美さんとの4人かぞくでした。

両親は、沢村一樹さんが中学生の頃に借金のために蒸発し、
離婚します。

沢村一樹さんが、12歳のときに、父親が蒸発したので、その後は、
母親、妹との3人家族として育ちました。

妹の真美さんが、父親が借金を作った理由を話しています。

「借金の原因は、知人の保証を引き受けたことでした。人が良いタイプだったので、
父が背負った借金は、2000万円とも3000万円とも聞いていました」と言っています。

沢村一樹さんが、幼いながら、妹をかばって、父替わり、
母替わりになって守ったと言っています。

沢村一樹さんは、2000年に32歳で余西操と結婚し、3人の男児ができて、
今は5人家族になっています。

子供たちが、成人して家を出ると、また、余西操と2人の暮らしになります。

沢村一樹さんは、2013年6月に、バーであった女性の自宅にでは入りしていたと、
熱愛不倫を週刊文春で報道されたことがあります。

そのときは、沢村一樹さんは、最終的に浮気を認めましたが、
離婚することはありませんでした。

沢村一樹さんが、自身の両親が離婚して苦労しているので、
離婚の道は選びませんでした。

[スポンサーリンク]



まとめ

沢村一樹さんは、2019年8月23日から全国東宝系で公開される
「劇場版おっさんずラブ~LOVE OR DEAD」に出演します。

沢村一樹さんは、天空不動産で新発足したプロジェクトチームの
リーダーの役です。

沢村一樹さんは、その映画について、

「視聴者のひとりとしてこのドラマを見ていた時から、「おっさんずラブ」は
ラブがテーマの作品だと思っていました。

それは性別も年齢も超えた、人としての思いやりも超えた
愛情のような「純愛の物語」だと思っています。

今回の劇場版では、僕と志尊くんが新たに参加したことで関係性も
複雑に絡み合っていきますが、その分、愛情や人を愛する気持ちが
より伝わる作品になっていると思います。

気合十分です!」と言っています。

作品作りに気合を入れている、
沢村一樹さんの今後の活躍を期待しています。

[スポンサーリンク]