アーティスト

及川光博の実家は飲食店?檀れいとの子供は?離婚理由は?

及川光博の実家は飲食店?檀れいとの子供は?離婚理由は?

今回は、ミュージシャン、シンガーソング、俳優の及川光博(おいかわ みつひろ)です。

及川光博のプロフィールは、生年月日1969年10月24日、出生地東京都、身長174cm、血液型B型です。

及川光博は、ヴアニティダンス(虚栄舞踏という意味)のバンド名で活動を経て、1996年に26歳で「モラリティ」で歌手デビューしました。デビュー当時は、自分で“王子”キャラをプロデュースしました。

及川光博の代表曲として、「バラ色の人生」(1999年)、「愛のメモリー」(2005年、松崎しげるの曲をカバー)、「今夜、桃色クラブで」(1998年)などがあります。

及川光博は、1998年に「WITH LOVE」に出演してから、俳優として活動しています。相棒season7最終話(2009年)からseason10(2012年)まで、水谷豊の相棒の神戸尊役で出演しました。

及川光博は、相棒の水谷豊演じる杉下右京の二代目相棒として好評でした。

及川光博が、わずか3シーズンで卒業したときは、「水谷豊との不仲」などの憶測が流れました。

及川光博が、相棒を降板した本当の理由は、人気がでて、出演オファーが殺到したことによると言われています。

「相棒」は、連続ドラマで拘束されるため、他に良い仕事が入っても断らなくてはいけません。

また、及川光博の場合は、音楽活動もしていたので、スケジュール面から「相棒」を続けることが、できませんでした。

[スポンサーリンク]



及川光博の実家は飲食店?

及川光博が、2017年1月13日のTBS系バラエティ番組に出演した時に、子供時代に3人のメイドがいたことを話しました。

メイドは子供1人にひとりずつ付いていて、兄弟が3人だったので、メイドが3人いました。

及川光博には、上に兄と下に妹がいます。

及川光博の父母は、薬剤師の資格を持っています。

薬局の事業を拡大し、薬局以外にコンビニ経営、飲食店の経営、ダンススクールの経営と手広く事業を行っていました。

及川光博の実家は、お金持ちで、飲食店も経営していますが、主たる事業は薬局の方でした。

実家は大田区の浦田駅周辺にあり、ビルを持っています。

母親の実家は、山形県大蔵村でした。

及川光博の父親の名前は及川末広で、薬局の名前は、大田区南六郷の「及川末広薬局」でした。

薬局は現在、飲食店に改築しています。

薬局のあった場所に、焼肉店「PrivateDinning ko-ju」、多目的ホール スタジオポプラ」、「季節料理 みよし」など、複数の店舗を経営しています。

及川光博は、2016年3月の日本テレビ系バラエティ番組「火曜サプライズ」で、父親が飲食店を3店舗経営していると話しました。これが、及川光博の実家が飲食店と言われる理由です。

[スポンサーリンク]



及川光博と檀れいの子供は?

及川光博は、壇れいと2011年7月27日に結婚しました。

2010年1月1日放送の「相棒season8」10話に、壇れいが単発出演し、及川光博と共演したのが、二人の馴れ初めです。

及川光博は、その時のことを「メールアドレス交換から食事に誘うまで時間がかかりました。徐々に心の距離を近づけていった」と言っています。

壇れいのプロフィールは、本名:山崎まゆみ、生年月日:1971年8月4日、出生地:兵庫県温泉町、身長:162cm、血液型:A型
壇れいは、1992年から2005年まで宝塚歌劇団に所属し、月組トップ娘役、星組トップ娘役を務めました。

退団後は、2006年12月の映画「武士の一分」で映画デビューしました。

及川光博は、母親の影響で、幼少の頃から宝塚歌劇団の大ファンでした。

壇れいは宝塚歌劇団の出身ですが、現役当時は、出演舞台を見たことはありませんでした。

及川光博と壇れいの間には、子供はいませんでした。

結婚当時、壇れいが39歳、及川光博が42歳でした。

それから離婚する2018年11月まで7年間結婚生活を送りました。

及川光博と壇れいは、周囲かドン引きするくらいラブラブでしたが、高齢であったため、子供ができませんでした。

及川光博は、子供の予定を聞かれ、「それは神のみぞ知る」と話したこともありました。

[スポンサーリンク]



及川光博の離婚理由は?

2011年7月に結婚して、2ヶ月後に、及川光晴の30代美女との相合傘デートが、週刊誌で報道されました。

この報道に、及川光晴は、「友人女性と食事をしただけ」と言っていました。

檀れいも、「女性は知人で問題ない」とコメントしています。

その後、及川光晴と檀れいの別居報道が、度々ありました。

及川光晴は「彼女のお母さんが近くに住んでいて食事に行っているだけ」と別居を否定していました。

それが、2018年11月28日に突然、離婚を発表しました。

離婚の理由は、檀れいの家庭環境にあります。

壇れいは、長女であり、祖父母は宝塚音楽学校へ行くことに反対していました。

母親が彼女を応援して、宝塚へ入ることができました。

母親が投資家の男性と駆け落ちし、母親が家を出たときに、檀れいと妹が母親と継父について行きました。

宝塚でスターになってから、檀れいは収入を、継父の借金で生活が苦しい母親に仕送りをしていました。

継父は2004年に他界し、檀れいと母親と体の弱い妹と3人で暮らしていました。

檀れいが、芸能界で収入を得て、母親と妹の生活を支えていました。

そんな事情で結婚して、檀れいは、及川光晴に、母親と妹のことを相談しましたが、及川光晴から良い返事がもらえませんでした。

これが二人が離婚した理由だと言われています。

お金持ちの家に育ち、金の苦労をしたことのない及川光晴には、貧しくて母親と妹の面倒を見る檀れいを理解することは無理でした。

家庭の格差が原因の離婚でした。

[スポンサーリンク]



まとめ

及川光晴は、毎年全国ツアーを行っていて、熱狂的なファンがいます。

ライブでは演出を自ら行って、観客を盛り上げています。

人気のアニメキャラクターのコスプレをしたり、ファンに喜んでもらいために工夫をしています。

及川光晴は、「トークも含めて、飽きさせないエンターテインメントを僕達なりに追求していきたい。

おなじみの会場であれ、新しい出会いであれ、一期一会ですよね。」と全国ツアーにかける思いを話しています。

及川光晴の、映画、ドラマ、音楽活動などの今後の活躍を期待しています。