Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
俳優

生瀬勝久さんはアドリブが多い?メガネブランドはどこ?自宅は?

今やドラマに映画に演劇にCMにバラエティーにといたるところで活躍を
繰り広げていますのが、今回ご紹介します生瀬勝久さんです。

メガネがイカすナイスミドルという立ち位置で時にコミカルに、
時にシリアスにと変幻自在の振り幅で本当に様々な役どころを演じ分けられます、
名作に欠かせない役者さんとして引っ張りだことなっています。

調べてみますと色々と興味深い事実が浮かんでくるようですので一緒に
これから見ていきたいなと思います。

[スポンサーリンク]



生瀬勝久はアドリブが多い?


生瀬勝久さんは1960年10月に兵庫県西宮市に生まれます。

見た目は若々しく思っていたのですが、東京オリンピックの来年にはもう還暦を
迎えるという事実に少し驚いてしまいました。

その後関西の早稲田とも言われます同志社大学に入学し、
そこで演劇の世界と出会います。

今ではクイズの人として思われがちですが、役者の世界でも数々の実績を
残しています大御所の辰巳琢郎さんに見出されまして「劇団そとばこまち」に
入団しましてメキメキと頭角を現していきます。

そして4代目(辰巳さんは2代目)の座長として同劇団を代表する地位を
占めるわけですから、実力の高さは伺い知れるでしょう。

その後関西人なら誰しもが知っている土曜深夜の情報番組「探偵ナイトスクープ」に
レポーターとして抜擢されては降板させられたりなどの紆余曲折がありながら、
NHK朝の連続テレビ小説「純ちゃんの応援歌」で興園寺清彦役として
レギュラー出演を果たします。

ここで全国区での知名度を獲得したことで、それまで槍魔栗三助
(やりまくりさんすけ)の芸名での活動から本名の今の生瀬勝久の
名前へと変わることとなりました。

その後も数々のヒット作へ出演し名声を高めていくのでした。

主なものだけ挙げていきますと、ドラマでは「トリック」「ごくせん」「功名が辻」
「リーガルハイ」「サラリーマンNEO」「初めて恋をした日に読む話」など、
映画では「ヤッターマン」「20世紀少年」「マスカレードホテル」などの
傑作と言われる数々のタイトルで脇役として存在感を示してきました。

そして2010年には「警部補矢部謙三」で主演も務めるなど
活躍は多岐に渡るものでした。

トリックやサラリーマンNEOでも見せているのですが、生瀬さんの魅力の
ひとつに絶妙な話術があると思います。

テンポの良い台詞の掛け合いで話の中へと観客を引き込んでいく生瀬さんの
テクニックは当世随一の切れ味のようです。

劇中の会話の中にはアドリブも多数入っているようでして、
だからこその躍動感が出ているのでしょう。

今ではアドリブを芝居の中にぶっこんでくる俳優として、
堤真一さんや西田敏行さんと並んで生瀬さんは役者の
世界では有名な人物のようです。

これは口まわりの滑らかさも大事でしょうが、やはり頭の良さがないと人々を
魅了する閃きは生まれて来ないものでしょう。

アドリブだけが演技力の良しあしを決める全てではないことは確かですが、
ストーリーをブラッシュアップさせるための強力な武器としては装備を
しておいて不足はないスキルのひとつではあるでしょう。

生瀬さんが各方面で大人気な秘密もそのあたりにあるのかもしれません。

[スポンサーリンク]



生瀬勝久のメガネブランドはどこ?


また生瀬さんのトレードマークとして目元を彩っていますメガネが
思い浮かべられると思います。

小柄で細身な生瀬さんのイメージに似合うスタイリッシュな眼鏡を
かけているという印象ですが、ドラマの小道具として使用しているアイウェアが
気になる人も多いようでして、商品価値としての宣伝効果も大きいようです。

また役柄によっては太い黒縁だったりカラフルなものだったりと
複数種使い分けているご様子のようです。

プライベートの分もカウントしますと百から千近くは
履歴が出てくるのかもしれません。

劇中では主にJAPONISMというブランド物の使用が多いようですが、
他にもスペックエスパスやFACTORY900などの
眼鏡を使用していたようです。

ご本人ご自身の中では田中眼鏡本舗の眼鏡がお気に入りのようでして、
年に12本を同社に毎年オーダーメイドしているという
情報もネットでは出ていました。

[スポンサーリンク]



生瀬勝久の自宅は?


そして気になる生瀬さんのご自宅の場所なのですが、調べてみましても
久我山らしいという情報しか探し出せませんでした。

新潟方面ではNGT48の山口さんの事件もありましたし、防犯上の観点や
プライバシーの保護など有名人だからといっても自宅の場所をむやみに
公開する時代ではないのでしょうし、それを詮索するというのも
野暮な話なのでしょう。

久我山といえば京王井の頭線で急行が止まる大きな駅なのですが、
駅前は昭和の風情も残る独特な雰囲気のある場所でして、もしご自宅の
情報が本当なのでしたら生瀬さんらしい場所なのかなという気もします。

田園調布や高層マンションの最上階じゃなくてよかったな
というのが正直な感想かもしれません。

[スポンサーリンク]



まとめ

このように生瀬勝久さんのパーソナリティーを見ていったわけですが、
そのポテンシャルの高さのわりには不思議とアカデミー賞などの
大きな賞には今のところ縁がなかったような気がします。

言い方は悪いですがそこらのジャニタレですら大賞に選ばれる勲章ですから
生瀬さんにも数回数十回と手にしていてもおかしくはない気がします。

もちろん今後の芸能界での活躍が期待されていますから、
このまま演じ続けていましたら自然とタイトルは向こうから
転がり込んでくるような気がします。

生瀬さんの出演するドラマや映画を今後も追っかけていきたいように思います。

[スポンサーリンク]