俳優

宮沢氷魚の元カノは誰?クウォーターなの?坂口健太郎に似ている?

宮沢氷魚の元カノは誰?クウォーターなの?坂口健太郎に似ている?

今回は、俳優の宮沢氷魚(みやざわ ひお)について調べました。

宮沢氷魚は、アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコで生まれました。

幼稚園から高校まで、インターナショナルスクールのセントメリーズインターナショナル(東京都世田谷区)に通学しました。

宮沢氷魚は、父親が日本人、母親がハーフです。

本人は日本語と英語のバイリンガルです。

父親がTHE BOOMのボーカルで、父親のライブを見て、芸能界に興味を持ち、レプロエンタテインメントへ履歴書を送り同社の所属になりました。

宮沢氷魚のプロフィールは、生年月日:1994年4月24日、出身地:サンフランシスコ、身長:184㎝、所属事務所:レプロエンタテインメント(2015年6月から)
です。

2015年の第30回MEN’S NON-NO専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、専属モデルになりました。

テレビドラマでは、2018年に日本テレビ系ドラマ「トドメの接吻」、2019年にテレビ朝日系ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」、TBS系ドラマ「賭けグルイSeason2」、日本テレビ系ドラマ「偽装不倫」に出演しました。

映画では、2019年5月公開の「賭けグルイ」に出演しました。そのほか、英語力を使った、「おとなの基礎英語」などへの出演もあります。

[スポンサーリンク]



宮沢氷魚の元カノは誰?

宮沢氷魚の彼女について調べると、女優の桜井日奈子の名前が出てきました。

桜井日奈子が、宮沢氷魚の彼女という噂がでたことがありました。

宮沢氷魚と桜井日奈子は、2017年2月13日放送の「スカッとジャパン」で共演しました。

2019年1月から3月までテレビ朝日系で包装されたドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」でも、宮沢氷魚は桜井日奈子と共演しています。

桜井日奈子のプロフィールは、生年月日:1997年4月2日、出生地:岡山県岡山市、身長:160㎝、血液型:O型、事務所:インセント所属です。

桜井日奈子は、2014年に「岡山美少女・美人コンテスト」で「美少女グランプリ」に選ばれました。桜井日奈子は、可愛いので、「岡山の奇跡」と呼ばれています。

週刊誌などを調べても、宮沢氷魚と桜井日奈子の熱愛報道は無いので、二人は共演して仲は良いのですが、交際までには至っていないようです。

噂のレベルを超えていませんでした。

2015年9月には、宮沢氷魚が、「彼女はいない!」とはっきり言っていて、その後に彼女ができたとも言っていません。

今後も、宮沢氷魚の熱愛報道に注意します。

[スポンサーリンク]



宮沢氷魚はクウォーターなの?

宮沢氷魚の父親は、2014年に解散した人気ロックバンドTHE BOOMのボーカルの宮沢和史で、日本人です。

母親はタレントの宮沢ディオンで、日本人の父親とアメリカ人の母親の間に生まれたハーフです。

宮沢氷魚は、日本人の父親とハーフの母親の間に生まれたクウオーターです。

宮沢和史とディオンの出会ったのは、宮沢ディオンの出演していたラジオ番組に、宮沢和史がゲストとして出演したことでした。

1994年に宮沢和史とディオンは結婚し、同年4月に宮沢氷魚が生まれました。

二人はできちゃった婚でした。

宮沢氷魚は3人兄弟で、2歳年下の弟と4歳年下の妹がいます。

弟の名前は海実(かいみ)で、妹の名前は琉歌(るか)で、一般人です。

宮沢氷魚の学歴は、国際基督教大学です。

母親の宮沢ディオンの学歴も、国際基督教大学ですから、宮沢氷魚が、母親の大学の後輩になります。

[スポンサーリンク]



宮沢氷魚は坂口健太郎に似ている?

2017年10月から12月まで放送された、TBS系連続ドラマ「コウノドリ第2シリーズ」で、宮沢氷魚は坂口健太郎と共演しました。

宮沢氷魚と坂口健太郎は、ともに「MEN’S NON-NO」モデルオーディションに合格し、モデル活動していたので、経歴が似ています。

坂口健太郎のプロフィールは、生年月日:1991年7月11日、出生地:東京都府中市、身長:183㎝、血液型:O型、事務所:トライストーン・エンタテインメントです。

坂口健太郎は、2010年に第5回「MEN’S NON-NO」モデルオーディションに合格しモデル動を始めました。

[スポンサーリンク]



まとめ

今回は、ドラマや映画の出演が増えている、モデル出身の俳優・宮沢氷魚の元カノ、クウオーターおよび坂口健太郎と似ていることなどを調べました。

宮沢氷魚は、2020年3月13日から4月20日まで、東京・PARCO劇場のオープニング公演「ピサロ」に出演します。

宮沢氷魚は、インカ帝国の王・アタワルパル役を演じます。

出演に向け、宮沢氷魚は、「自分を“太陽の子”だと信じ、彼を信奉するインカ帝国の民がいるカリスマ性のある役どころの印象があり、どんな王になるのか自分自身ワクワクしています」と語っています。

宮沢氷魚の今後の演劇、テレビドラマ、映画における活躍を祈っています。

[スポンサーリンク]