Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
俳優

皆川猿時さんはアドリブが得意?演技が可愛い?高校時代について

インパクトが強めな顔面と個性的な演技力でいま最も注目を
集めています男優のひとりとして挙げられますのが
今回見ていきます皆川猿時さんです。

朝のNHK連続テレビ小説で国民的な人気を博していました
「あまちゃん」や「ビターブラッド」、「下剋上受験」、

映画では「真夜中の弥次さん喜多さん」やSMAP草彅くんの
主演映画「中学生円山」などの人気作に記憶に残る脇役として
存在感を放っていましたし、最近では主演の深田恭子さんが
通う鉄板焼き屋の店長として出演しました
「初めて恋をした日に読む話」など、ストーリーには
欠かせない役者としてご活躍を魅せています。

また、港カヲル名義でソロデビューを果たして得も言えない
歌唱力を発揮するなど、着実なプロモーション活動で芸能界での
地位を確立しております。

そんな皆川さんですが、意外とその経歴や人となりなど
はあまり知られていないような気がします。

今回はそんな皆川猿時さんを一緒に掘り下げ
ていってみたいと思います。
[スポンサーリンク]



皆川猿時はアドリブが得意?


俳優としての皆川さんを語る上で欠かせないのがアドリブ力だと思います。

ドラマでも芝居の半分以上がアドリブの時があるようで、
「ビターブラッド」で共演していた佐藤健さんからも苦情が
出るほどの濃厚さだったようです。

そのあたりは即興性の強い舞台の多い大人計画のらしさが出ているものですし、
もちろん本人の資質によるところも大きいのでしょう。

ここに前述の偏差値64パワーが活かされているのかもしれません。

ただアドリブというのは使う監督によっては嫌う人も多いようですので、
その使いどころは選ばないといけないでしょう。

「銀魂」や「今日から俺は」で今最も熱いと言われています福田雄一監督作品の
ドラマか映画に彼が出る時が来るようでしたら、両者の思わぬ相乗効果が
絶大な威力が発揮されそうな気がします。

そんな作品が完成する日が来たならば是非一度見てみたいものですね。

[スポンサーリンク]



皆川猿時は演技が可愛い?


また皆川さんは演技が可愛いということで巷での評判が高いようです。

たしかに見た目の強烈さと小動物のような仕草の細やかさとのギャップは
とても鮮明で記憶に残りやすいでしょう。

不良学生が子犬を拾って可愛がるような見た目と行動の落差は、
世の女子にとりましてはわかりやすい萌えポイントなのでしょう。

「はじ恋」のドラマの中でいいますと確かに彼の登場シーンでは手足を
目いっぱい伸ばすようなシーンよりは折り曲げた体勢での行動が
多かったように思われます。

ゴージャスな体格と器用なアクションは視聴者の目を引くポイントでありました。

きっと彼もそのあたりは知った上で演じていた可能性が
非常に強い気がします。

流石です。

[スポンサーリンク]



皆川猿時の高校時代について


皆川猿時さんは1971年2月に福島県いわき市で生まれました。

東日本大震災では多くの被災者を受け入れていまして、
今では有数のパチンコ王国となった土地で育ったのでした。

高校時代までは地元の公立高校へ通っていたようで、以前本人がテレビのコメント
で「秋吉久美子さんの隣の高校」と話していたそうなので、

おそらくは県立磐城高校卒業だと言われています。

そこではバスケットボール部で活躍していたそうです。

今でこそドラえもんのような愛くるしいボンキュッボンな体形ですが、
若いころはシュッとしたイケメンだったようでして、
きっと地元ではモテモテな青春を送っていたのでしょう。

また同校は偏差値64の頭の良い高校だそうで、
普通に進学していけば東大とまではいかなくとも結構名の
ある大学へは進めていたのでしょう。

その後芸能界を目指して上京しましてお芝居の世界へと入っていきます。

ただ某劇団のメンバー入りを拒まれたり自分たちでオリジナルの芝居を
作ってみたりと紆余曲折を経たあとで今の「大人計画」のオーディションに
合格して晴れて劇団員となります。

ここで秘められていた演技力が磨かれて覚醒していくこととなります。

と同時に同じ劇団員でした田村たがめさんともここで出会いまして、
のちに結婚し1男1女の子宝に恵まれることとなるのでした。

この大人計画が皆川さんの素質を磨いて成長させて世に送り出して
いくわけですが、ここで皆川さんの飛躍を決定づける形となりました
大人計画なる集団を見ていきたいと思います。

元は俳優でのちに日本アカデミー賞の最優秀脚本賞も受賞します演出家の
松尾スズキさんが主宰する演劇団体でして、
団員には錚々たる面々が集っています。

その中から主だった人だけ挙げるだけでも、映画「少年メリケンサック」や
今年のNHK大河ドラマの「いだてん~東京オリムピック噺~」を
任されました宮藤官九郎さんや映画「舞妓HAAAAAN」の主演で
有名な阿部サダヲさん、個性的な演技で人気の荒川良々さん、
他にも客演的な位置づけのニゲハジの星野源さんなど、
眩しくて目が眩みそうな豪華さのメンバー構成です。

そんな中で数々の演劇やドラマ作品で一緒に共演したりして
えられるわけですから、演技力が向上していくのも
当然の道理といえるでしょう。

[スポンサーリンク]



まとめ

このように皆川猿時さんは役者としてのポテンシャルが高いですので、
テレビに映画に舞台などでの今後のご活躍が楽しみで仕方ありません。

まだまだ沢山の名作での演技で私たちを楽しませてくれることを
期待したいと思います。

[スポンサーリンク]