女優

片桐はいりの性格は?演技力が凄い?独身なの?

片桐はいりさんは、1963年1月18日生まれの56歳、
東京都出身の女優さんです。

はいりという名前は芸名で「アルプスの少女ハイジ」からとったそうです。

本名は片桐由美さんというお名前です。

女優としては1982年にデビューされてからは1994年に所属していた
劇団「ブリキの自発団」を退団されるまでは、なんと25本もの
作品に出演されました。

現在でも、舞台やドラマ、映画など幅広く活動されています。

著書も出版されていて「もぎりよ今夜も有難う」というエッセイ本は
第82回キネマ旬報ベスト・テンの読者賞を受賞されました。

特徴的な容姿は印象深く残る人も多く、名前や顔を知らない人は
少ないのではないでしょうか?

「変な役、喜んでやります」と話されていて、その個性を生かして
主演から脇役まで華麗にこなされています。

「死体役」と言えば片桐さんというイメージの方も多いのではないでしょうか?

そんな片桐さん、お顔からは想像できないミステリアスな方ですが、
どんな性格をされているのでしょうか?

また、演技の実力はどう評価されているのでしょうか?

そして、謎も多いプライベートですが、結婚事情は?既婚なのでしょうか?

活動歴は長いですが、まだまだ謎深き片桐さんの
秘密を暴いてみたいと思います。

[スポンサーリンク]



性格は?


片桐さんの性格ですが「子供の頃に顔をからかわれてからはひねくれてしまった」と
話されています。

しかし、実際はとても丁寧で温厚な性格なようです。

何でも前向きに明るく捉え、悲しいことや辛いことでも、笑える部分を探すそうです。

また、片桐さんで挙げられるエピソードと言えば、
フジテレビで放送されていたお昼のバラエティ番組「笑っていいとも!」の大遅刻。

寝坊が原因だったそうです。

放送には間に合いましたが、片桐さん出演予定だった
テレフォンショッキングというコーナーは別のコーナーに取り替えて放送されました。

放送終盤で片桐さんが私服姿で登場し、タモリさんや、出演者の方々、
視聴者、観覧者やスタッフの方に何度も謝罪をされていました。

後日、そのことを語る際にも謝罪とスタッフの方々の臨機応変な
対応に感謝を述べられました。

そのような丁寧な対応をされる方です。

とてもひねくれた性格には思えません。

また、片桐さんの性格の良さを評価しているネットの声も多いです。

やはり、他人の目から見ても良い人に見えるんでしょうね。

火のないところに煙は立たないとも言いますから、
実際良い人だから関わりがなくとも何となくでも分かるんでしょう。

丁寧な物腰は誰から見ても好印象に感じますよね。

[スポンサーリンク]



演技力が凄い?


演技力ですが、抜群に上手いのではないでしょうか?

死体役という、誰にもなし得ない演技をこなす実力は確かだと思います。

また、SNSでも「片桐さんの演技が好き」「演技がうますぎる」「演技派だ」
という高評価の声も多数上がっています。

どんな役柄にもぴったりと馴染む演技力はまさに七変化。

片桐さんという強いキャラクターを持ちながらも、
演技に自然に馴染んでいくのはやはり実力が伴うと思います。

また、演技力だけで「美しく」も「醜く」も表現できるのは
力があるからだと思います。

魅せることができる演技は、結構難しいのではないでしょうか?

上辺だけではない、奥深く底まで演じる力が、片桐さんにはあると思います。

その力は、他の俳優さんや女優さんにはない、
不思議な魅力を隠しているように感じます。

[スポンサーリンク]



独身なの?


片桐さん、公式に「未婚」であると発表されています。

「一度は結婚してみたかった」と話す片桐さん、独身のラクさ、
寂しさをバランス良く楽しんでいるそうです。

経験がないのに結婚のメリットもデメリットも理解されているのは、
作品を通して得たのでしょうか?

また、とてもウブな方で下ネタの話題が上がるとその場から
席を外すというエピソードもあります。

結婚について、片桐さんは「もういい」と諦め口調で話されていました。

売れっ子女優さんという忙しい仕事の中では、
結婚といった余裕も無いのかもしれませんね。

片桐さんのような素敵で魅力的な女性はなかなかいませんので、
もし良い男性と出会ってもしチャンスがあるなら
結婚もされるとおめでたいニュースが聞けて嬉しいですよね。

しかし、あのような素敵な女性を、一人の方の
ものにするのも少し勿体ないというような不思議な気持ちになります。

誰もを惹きつけてしまう片桐さん、
これからもあの個性の強いキャラクターを
生かしてどんどん活躍していただきたいです。

[スポンサーリンク]