モデル

栗原類は病気マルファン症候群!?現在の活動は?

個性的なキャラでモデルとしても活躍している栗原類さん。

最近ではあまりテレビで見かけることがなくなりましたが、現在は
何をしているんでしょうか?

また、栗原類さんはマルファン症候群だと噂もあります。

今回は栗原類さんの情報をお伝えします。


[スポンサーリンク]



栗原類は病気マルファン症候群なのか!?

栗原類さんは自身を発達障害と告白もしましたが、他にも「マルファン症候群」との
噂もあります。

マルファン症候群は公表はしてないので、噂なんですが栗原類さんの体格からして
可能性はありそうです。

この病気は骨格の症状、眼の症状、心臓血管の症状などの病気を起こす病気で人に
よっては異なりますが、この病気は親から子へと伝わるようです。

マルファン症候群は、「高身長」「細く長い指」などが特徴で栗原類さんも
当てはまります。

公表はしていませんが、噂されるのはこのことからだったんですね。

栗原類の母親は?

栗原類さんの母親は翻訳家として活躍している栗原泉さんです。

幼少期は母親の仕事の都合で海外を行ったり来たりする生活をしていた
そうです。

5歳から11歳の間はニョーヨークで生活していました。

海外に住んでいたことから栗原類さんは英語はペラペラのようです。

そして栗原類さんの母親も発達障害であると分かりました。

栗原類さんと同じものではなく、類さんは発達障害はADD(注意欠陥障害)
というものです。

母親の泉さんはADHD(注意欠陥多動性障害)という発達障害です。

栗原類さんは記憶力が弱いものの母親は逆に細かいことも全て覚えている
とのこと。

[スポンサーリンク]



栗原類は発達障害なのか?

栗原類さんは2015年にNHK「あさイチ」に出演した時にご自身で
「注意欠陥障害 ADD」であることを公表しています。

症状としては「変化が苦手」であることを言っています。

決まった所にそのモノがないと落ち着かないようで、
気持ち悪くなり元の場所に戻したくなるそうです。

そして「音に対する感覚が過敏」のようです。

現在も大きな音などは苦手のようなのですが、昔の頃と違って
「音を小さくしても大丈夫ですか」と自ら聞いて対応できるようです。

栗原類さんご自身は「僕が発達障害であっても、そうでなくても僕は僕。
僕の個性が人を笑わせられるほど面白いのであれば、コメディ俳優を
目指してる僕にとっては本望です」
とコメントするなど病気に対して前向きに受け止めています。

現在の活動は?

最近はテレビで見ることが少ないですが、栗原類さんは主に舞台演劇を
中心に活動されています。

単発ではありますが、ドラマのみ出演することがあり、年に1~2本なので
世間では干された消えたと噂になったんですね。

2016年には「発達障害の僕が輝ける場所を見つけられた理由」という
本を販売されてます。

さらにテレビ東京では魔法×戦士マジョマジョピュアーズに出演しています。

魔法戦士マジョマジョピュアーズの敵である「ムリ太郎」という役を演じています。

女の子向けの番組なので親世代の方は驚くかもしれませんね。

栗原類さんは顔もスタイルも良いのでそのギャップが好きな人も多いと
思います。

発達障害というカミングアウトには驚いた方もいるかと思います。

現在も元気で舞台で活動されているので、またいつかはテレビで見かけることが
あるかもしれないので、楽しみですね。

[スポンサーリンク]